すき家の取り組み

すき家の取り組み

「すき家」ではゼンショーグループの一員として、社会貢献にも取り組んでいます。

すき家をはじめとしたゼンショーグループは「世界から飢えと貧困を撲滅する」ため、フード業世界一を目指しています。
その一環としてさまざまな社会貢献活動も実施しています。あなたも世界を変える一員になりませんか?

災害支援

災害支援

2011年3月の東日本大震災にはグループをあげて避難所を中心に炊き出しを実施しました。
またこの震災の経験を生かし、すき家の厨房施設を積載した「キッチンカー」を開発し、紀伊半島台風被害(2011年9月 和歌山県)、つくば市竜巻被害(2012年5月 茨城県)、九州北部集中豪雨及び土石流災害(2012年7月 福岡県)等にて炊き出しを行い、たくさんの方に温かい牛丼を食べて頂きました。
地域コミュニティ

地域コミュニティ

フードサービス業の店舗運営や衛生管理などの身近な学びの場として地域の小中高生、特別支援学校等の職場体験学習を受け入れています。
ゼンショーフェアトレード

ゼンショーフェアトレード

フェアトレードとは途上国で暮らす小規模農家や職人たちの生産品を公正な価格で買い取って消費者に販売することで、生産者の生活向上を目指す貿易・取引および経済の仕組みのことです。
ゼンショーはフェアトレードによって買い入れたコーヒーを世界の店舗網で提供・販売し、途上国の生産者に正当な収入をもたらし、生活の向上と経済的自立を支援しています。

ページの先頭へ

今すぐ応募!! 応募はこちら 0120-355-529